料金 | brandesign-ブランデザイン-|商標と意匠専門の弁理士事務所

PRICE

料金

料金についての考え方

専門性を発揮し実質的な労力をかけた分に見合う対価をいただくべきと考えております。例えば、区分数増加によって手数料を加算するのが一般的です。しかし、実質的な労力を考慮し、brandesignは区分数が増えても手数料を加算しません。また、お客様にとって過度な負担にならないよう、柔軟な料金にしております。

商標の各種サービス
出願登録調査ネーミング会議
意見書補正書不服審判拒絶理由保険不使用取消審判交渉
意匠の各種サービス
出願登録新規性喪失の例外
意見書補正書不服審判

※全ての手数料には別途消費税が必要となります。また、印紙代は特許庁に納める料金です。料金表に記載の無いサービスをご利用の場合、印紙代は不要です。
※以下の料金表は日本におけるサービスの料金表です。外国案件については別途お問合せください。
※料金表にないサービス(譲渡・早期審査・異議申立・無効審判・警告書対応・税関輸入差止等)についても提供可能です。これらサービスの費用については別途お問合せください。

商標の各種サービス

出願 7万円(手数料)※区分加算なし
商標登録のためには商品・役務(サービス)を出願書類に記載する必要があり、この記載内容が出願人の事業を適切にカバーしていなければ、その商標登録は法的に役に立たちません。詳しくはこちら。出願の手数料には、商品・役務の専門的な検討費用が含まれており、この検討は、商標法や裁判例などの知識に基づく専門的なものです。この観点から、1件目は検討分に見合う手数料としています。一方、2件以上(複数の商標)を同時にご依頼いただき、商品・役務の内容が同一の場合、2件目以降の手数料は一律1万円です。

(円)

区分数1区分数2区分数3
手数料70,000※
印紙代12,00020,60029,200
合計82,00090,60099,200

※印紙代の計算方法は3,400円+(区分数×8,600円)であり、区分数4以降も同様です。区分とは、特許庁が定めた商品・役務の分類のことです。例えば、かばん(18類)・洋服(25類)・靴(25類)を記載すれば区分数2となります。詳しくはこちら
※商品・役務数が20個までの料金です。20個を超える場合、5,000円の追加手数料が商品・役務数5つ毎に必要となります。

登録 2万円(手数料)※区分加算なし
brandesignは一律の成功報酬をいただいておりません。手数料には、更新や分割納付の管理費用が含まれています。
登録時に一括納付(10年分)又は分割納付(5年分)のいずれかをご選択いただけます。

(円)

区分数1区分数2区分数3
手数料20,000
印紙代16,40032,80049,200
合計36,40052,80069,200

※印紙代の計算方法は16,400円×区分数であり、区分数4以降も同様です。
※10年一括納付の場合、印紙代は28,200円×区分数となり、手数料は20,000円です

調査 3万円〜※区分加算なし
brandesignでは、2種類の調査を用意しております。いずれも、類似可能性がある先行商標を調べる範囲は変わりません。商標の使用可能性・登録可能性について、詳細な検討(鑑定)を行うか否かが異なります。
スクリーニング調査
先行商標を調べた上で、弁理士の経験に基づき、使用可能性・登録可能性の大まかな目安を示しつつ、どういった手段が取れるかを提案します。過去の事例は調べません。

(円)

類似群数
1~10
類似群数
11~20
類似群数
21~30
手数料30,00040,00050,000

※類似群とは商品・役務(サービス)の種類に応じて割り振られる記号のことです。詳しくはこちら
※類似群数31以上の場合、上記の表と同様、類似群数10毎に10,000円が追加となります。

鑑定付き調査
先行商標を調べた上で、使用可能性・登録可能性について、審査、審決、判決等の過去の事例を調べ、詳細な検討を加えるものです。登録後に無効になる可能性も検討します。検討に加え、どういった手段が取れるかを提案します。

(円)

類似群数
1~10
類似群数
11~20
類似群数
21~30
手数料70,000100,000130,000

※類似群とは商品・役務(サービス)の種類に応じて割り振られる記号のことです。詳しくはこちら
※類似群数31以上の場合、上記の表と同様、類似群数10毎に30,000円が追加となります。

ネーミング会議
貴社のネーミング作成・選定をサポートするサービスです。打合せ中は調査し放題です。詳しくはこちら

(円)

対面版オンライン版
手数料90,00070,000

※打合せ、事前準備及びアフターフォローの時間が合計3時間を超える場合、追加手数料が必要となります。
※ご訪問させていただく場合、ご訪問の場所と回数によっては追加手数料が必要となる場合があります。

意見書
拒絶理由通知(商標が登録できないという特許庁の審査官の判断)に対する反論を行います。意見書の反論によって審査官の判断が覆り、商標が登録になることは少なくありません。aとbの2つのコースを用意しました。ご希望に応じてお選びください。費用負担を削減したい場合、出願時に拒絶理由保険のご利用が可能です。

(円)

着手金成功報酬コメント
aコース120,0000反論が認められればbコースよりも低価格になるメリットがあります。
bコース80,00080,000反論が認められなければaコースよりも低価格になるメリットがあります。反論が認められるかわからない状況でaコースの費用負担に抵抗がある方におすすめです。

※商標の周知性を主張・立証する場合、別途手数料がかかります。
※勝算が低い場合、bコースはご利用になれません。

拒絶理由保険
拒絶理由を受けるかどうかは審査官によって判断が分かれることが少なくありません。商標出願後に追加コストの発生を避けたい(減らしたい)というお客様に向けて、保険のようなサービスを提案します。出願時に一定額をお支払いいただくことにより、拒絶理由を受けた際にご負担額を削減できます。

(円)

お支払い額適用額意見書提出のご負担額
ライト版20,00080.00040,000
スタンダード版40,000120.0000

※brandesign独自のサービスのため、他事務所のサービスには適用されません。
※お支払い額は返還されません。
※拒絶理由を受ける可能性が高いとbrandesignが判断した場合、ご利用いただけません。

補正書 2万円
拒絶理由を解消するために、指定商品や指定役務を削除や変更する手続です。内容が軽微でない場合、追加手数料が必要となります。
不服審判 4万円(手数料)※区分加算なし
意見書により審査官の判断が覆らなかった場合であっても、拒絶査定不服審判を請求することによって登録になることがあります。特許庁の統計(2018年)では全体の約70%が登録を認められています。

(円)

区分数1区分数2区分数3
手数料40,000※
印紙代55,00095,000135,000
合計95,000135,000175,000‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬

※brandesignで意見書を提出し、新たな主帳・立証をしない場合の手数料です。新たな主張をする場合や不服審判から初めてご依頼いただく場合には、手数料が異なります。詳しくはお問合せください。
※不服審判請求中に拒絶理由通知を受け、対応する場合、別途手数料が必要となります。
※印紙代の計算方法は15,000円+(区分数×40,000円)であり、区分数4以降も同様です。

不使用取消審判 4万円(手数料)※区分加算なし
他人の先行商標が登録されている場合であっても、3年以上商標が使用されていなければ、その登録を取り消すことができます。
特許庁の統計(2018年)では取消審判全体の約91%が取消を認められています。

(円)

区分数1区分数2区分数3
手数料40,000※
印紙代55,00095,000135,000
合計95,000135,000175,000‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬

※取消対象の商標権の指定商品の数や内容によって追加手数料が必要となる場合があります。詳しくはお問合せください。
※印紙代の計算方法は15,000円+(区分数×40,000円)であり、区分数4以降も同様です。

交渉 7万円~
他人の先行商標が登録されている場合であっても、その他人から商標権を譲ってもらうための交渉や、商標の使用を許諾してもらうための交渉(ライセンス交渉)をすることができます。交渉の内容や経緯に応じて手数料が異なります。

意匠の各種サービス

出願 9万円(手数料)※2件目加算なし
広い権利範囲を狙う出願は登録可能性が低くなる一方で、高い登録可能性を狙えば狭い権利範囲になり得ます。とはいえ2件出願すると費用負担が大きくなるため、1件のみ出願するというお客様もいらっしゃいます。そこで、brandesignでは、2件(2つの意匠)を同時にご依頼いただき物品が同一の場合、2件目の手数料が発生しない料金設定にし、3件目以降も過度なご負担とならないようにしております。

(円)

意匠数1意匠数2意匠数3
手数料90,000※130,000
印紙代16,00032,00048,000
合計106,000122,000178,000‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬

※意匠の物品が全く異なる場合、意匠数×90,000円の手数料が必要となります。
※実費として図面作成費用が別途必要となります。
※意匠数4以上の場合、追加意匠ごとに56,000円(手数料40,000円+印紙代16,000円)の費用が追加になります。

登録 2万円(手数料)
brandesignは一律の成功報酬をいただいておりません。手数料には、毎年特許庁に納付する登録料の管理費用が含まれています。毎年納付することも可能である一方、複数年分をまとめて納付することも可能です。手数料は手続ごとにのみ発生するため、まとめた方がコストを抑えられます。

(円)

1年~3年分4年分5年分
手数料20,00020,00020,000
印紙代25,50016,90016,900
合計45,50036,900‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬36,900‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬

※1~3年分をまとめて納付する場合の費用です。1年分のみ納付する場合の合計は28,500円です。
※出願件数(意匠数)ごとに上記手数料が必要となります。
※6年分以降の費用は、上記の表と同様に36,900円(手数料20,000円+印紙代16,900円)です。

新規性喪失の例外の手続 8万円~
出願前に意匠が公開されている場合、原則として意匠登録ができません。一方、公開日から1年以内に出願された場合、新規性喪失の例外手続を行うことにより、例外的に意匠登録できる場合があります。この手続には、出願意匠の公開事実の証明が含まれており、証明の負担に応じて手数料が異なります。
意見書
拒絶理由通知(意匠が登録できないという特許庁の審査官の判断)に対する反論を行います。意見書の反論によって審査官の判断が覆り、意匠が登録になることは少なくありません。aとbの2つのコースを用意しました。ご希望に応じてお選びください。

(円)

着手金成功報酬コメント
aコース150,0000反論が認められればbコースよりも低価格になるメリットがあります。
bコース100,000100,000反論が認められなければaコースよりも低価格になるメリットがあります。反論が認められるかわからない状況でaコースの費用負担に抵抗がある方におすすめです。

※意匠調査に基づく証拠を提出する場合、別途手数料がかかります。詳しくはお問合せください。
※勝算が低い場合、bコースはご利用になれません。

補正書 4万円
拒絶理由を解消するために、図面や願書の内容を修正する手続です。内容が軽微でない場合、追加手数料が必要となります。
不服審判 5万円(手数料)
意見書で審査官の判断が覆らなかった場合であっても、拒絶査定不服審判を請求することによって登録になることがあります。特許庁の統計(2018年)では全体の約66%が登録を認められています。

(円)

手数料50,000※
印紙代55,000
合計105,000

※brandesignで意見書を提出し、新たな主帳・立証をしない場合の手数料です。新たな主張をする場合や不服審判から初めてご依頼いただく場合には、手数料が異なります。詳しくはお問合せください。
※不服審判請求中に拒絶理由通知を受け、対応する場合、別途手数料が必要となります。

CONTACTお問い合わせ

<お気軽にお問い合わせください>

03-6773-9040

<お問合せ対応時間>10:00~17:00 定休日/土日祝日
※事前にご連絡いただければ、上記時間外も対応可能です。