Vol. 18 (優先権と図面の表現) | 事例研究 | brandesign-ブランデザイン-|商標と意匠専門の弁理士事務所

INFORMATION情報発信

2019.03.26

Vol. 18 (優先権と図面の表現)

不服2018-001387

物品:携帯用ライト                                      物品:灯

 

 

1.結論

本件意匠は優先権主張の基礎出願の意匠と同一であると判断され、優先権が認められた。その結果、基礎意匠は本件意匠の登録の障害にはならなかった(意匠法3条1項3号)。

 

 

2.概要

審査段階では、審査官は、本件意匠は基礎意匠と図面において差異があるため実質的に同一ではないとして優先権を否定した。一方で、本件審判では同一性が認められ、優先権ありとされた。本件意匠の細線は立体表面の形状を表すのに対して、基礎意匠の形状以外を示す線(ワイヤーフレーム)は面の変化の態様を示す。このため、両意匠は表現方法が異なるにすぎず、実質的に同一であると認められた。

 

3.コメント

基礎意匠の図面はいわゆるワイヤーフレームを示すものである。ワイヤーフレームは、CG図面を線図に変換させた際に表れる線であり、本来的な線図には表されることのない線である。ワイヤーフレームの取り扱いについて、意匠法及び審査基準等には定められていない。

 

本件審決に基づくと、図面の表現方法の違いにかかわらず優先権は認められるべきといえる。しかし、優先権の確実性及び不要な拒絶理由を避けるために、出願意匠の図面は基礎意匠の図面と完全に同一にした方がいいと思う。むしろ、ワイヤーフレーム付きの図面(本来的な線図とは異なる図面であるとしても)が提出されるか否かで権利範囲は変わらないということが本件審決から導き出せるため、リスクを冒す必要はない。

 

図面作成者によると、CG図面に基づいて、本来的な図面(ワイヤーフレームのないもの)を作成するにはかなり時間がかかる一方で、CG図面を線図に変換させるのはボタン一つで一瞬で可能なようだ。それなのに、審査段階では、CG図面の方を「細部にまで形状を正確に特定できる」と認定しており、皮肉なものである。本件審決によって、今後、図面屋さんの仕事を激減させてしまう可能性もあるであろう。

 

 

英語版は以下をご覧ください。

 

 

No. 2018-001387

Article: Portable light                                                         Article: Light

 

  1. Conclusion

The subject design was judged to be substantially identical to the basic design, and thus the priority should be accepted and the basic design should not be cited against the subject design.

 

  1. Summary

At the examination stage, the Examiner denied the priority based on the reason that the subject design is not substantially the same as the basic design (which means the design in the basic application for claiming priority) due to the discrepancies of the drawings. On the other hand, the Appeal Examiners admitted the sameness and priority. The thin lines in the subject design specifies the shape of the three-dimensional surface while the lines (wire frames) other than lines showing the shapes in the basic design indicates the manner of change in face. There is only a difference in the way of showing the designs, and hence the designs should be substantially identical to each other.

 

Regarding the articles, the article “Light” includes “Portable light”, and this difference is caused by the difference in the law of each country. Therefore, the articles should be identical.

 

  1. Comments

The drawings of the basic design represent wire frames, which are caused by converting computer graphics drawings to the line drawings. How wire frames are treated is not defined in the Japanese design law and examination guidelines.

 

Based on the subject decision, the priority should be accepted regardless of the differences in the way of showing the designs. However, when applying for a design in Japan, I recommend filing exactly the same drawings as the drawings in the basic application in order to safely claim the priority and to avoid unnecessary Office Actions. I would say that the scope of protection by filling drawings with wire frames would not be different from that by filling the drawings without wire frames in light of the present decision. So, it is not necessary to take a risk.

 

CONTACTお問い合わせ

<お気軽にお問い合わせください>

03-6773-9040

<お問合せ対応時間>10:00~17:00 定休日/土日祝日
※事前にご連絡いただければ、上記時間外も対応可能です。