Vol.9 (マリカー) | 事例研究 | brandesign-ブランデザイン-|商標と意匠専門の弁理士事務所

INFORMATION情報発信

2018.10.02

Vol.9 (マリカー)

任天堂のニュースリリースによると、2018927日東京地裁は侵害訴訟(平成29年(ワ)第6293号)において判決を下した。この裁判では、任天堂は、株式会社MARIモビリティ開発(旧社名:株式会社マリカー)に対して訴訟を提起した。具体的には、「マリカー」等を使用し、自動車及びコスチュームを貸与する被告のサービスの提供に対して、マリオカートのゲーム内のキャラクターが使っている自動車及びコスチュームを無断使用しているとして、不正競争防止法等に基づいて差止及び損害賠償を請求した。差止請求は部分的に認容されたようであるが、判決文はまだ公開されていない。被告は、知的財産高等裁判所に控訴したことをプレスリリースにて発表した。

 

ちなみに、上記請求より前の2017年1月26日、特許庁は商標「マリカー」の商標登録に対する異議申立への判断が示されていた。それを以下に紹介する。

 

異議2016-900309

1.結論

出所の混同のおそれなしとして登録維持とされた(4条1項15号非該当)

 

2.概要

両商標は、称呼、外観及び観念において明確に非類似と判断された。任天堂は、「マリカー」が任天堂の商品の出所表示及び引用商標の略称として周知である旨を主張したが、その主張は認められなかった。ゲームの雑誌やカタログ、ウィキペディアでは「マリカー」の文字が単独ではなく、「マリオカート」のゲームソフト名と共に使用されており、かつ、単独の使用が個人のブログに掲載されているのみであることに基づき、周知性は認められなかった。

 

3.コメント

筆者が子供の頃、筆者を含め皆がマリオカートのことをマリカーと省略して呼んでいた。このため、マリオカートゲームの1人のプレイヤーとして、マリカーは一般需要者によく知られているのではないかと感じている。

 

仮に本件決定が、商品「ゲーム」と役務「自動車の貸与」の関連性の弱さに基づいて登録が維持されたのであれば、個人的にはまだ納得感がある。

 

一方、任天堂のニュースリリースによると、侵害訴訟(平成29年(ワ)第6293号)においては、東京地裁は上記略称が周知であることを認めている。

 

 

英語版は以下をご覧ください。

 

According to Nintendo’s news release, the Tokyo District Court made the decision in the infringement law suit H29 (WA) No.6293 on September 27, 2018. In this suit, Nintendo sues the company, which uses the abbreviations of the Nintendo’s famous mark “MARIO KART” and rents cars and costumes. Nintendo tries to stop the use and rent, asserting that the rent for these cars and costumes which are used by the characters in the video games of “MARIO KART” series and the use of the abbreviations should be famous. Although it seems that the request for injunctions was partially accepted, the decision with its grounds has not been disclosed to public by the court yet. The defendant’s press release says that they appealed to the IP High Court.

 

Before this request, on January 26, 2017, the JPO made the decision for the Opposition against the trademark registration for the abbreviation of “MARIO KART” between the same parties as follows.

 

Opposition No. 2016-900309

  1. Conclusion

The registration was not cancelled as there is no likelihood of confusion

 

  1. Summary

These marks were judged to be clearly dissimilar in terms of pronunciation, appearance and meaning. Although Nintendo asserted that “マリカー (mari car)” is well known as the indicator of the Nintendo’s goods and the abbreviation of the cited mark, this assertion was not accepted.

 

The Opposition Examiners indicated that there is not sufficient proof showing that the abbreviation itself is used and well known as the indicator. The famousness was not accepted based on that the abbreviation is simply indicated with the video game title “MARIO KART” in the explanations of documents such as video game magazines and catalogs, and Wikipedia or the abbreviation alone is indicated only in individuals’ blogs.  

 

  1. My comments

When I was a child, everyone around me had abbreviated the video game “MARIO KART” as “マリカー (mari car)”. Therefore, as one of the players of MARIO KART video game, I feel that the abbreviation “マリカー” is well known among general consumers.

 

If the registration had been maintained based on a weak relation between “video games” and “car rental”, I think such a decision is more reasonable.

 

On the other hand, the Tokyo District Court judged the abbreviation to be famous in the law suit H29 (WA) No.6293 according to the Nintendo’s news release.

 

CONTACTお問い合わせ

<お気軽にお問い合わせください>

03-6773-9040

<お問合せ対応時間>10:00~17:00 定休日/土日祝日
※事前にご連絡いただければ、上記時間外も対応可能です。