Vol.6(OASIS) | 事例研究 | brandesign-ブランデザイン-|商標と意匠専門の弁理士事務所

INFORMATION情報発信

2018.09.09

Vol.6(OASIS)

不服2016-17962

関連条文:商4条1項11号

 

1. 概要

本件の重要なポイントは役務が非類似と判断された点である。審判官は以下のように理由を述べた。両商標の役務は、知識の内容の点で明らかに異なり、いずれも専門家によって提供されるため、役務の質、提供者及び需要者が異なるものであり、両者に関連性を認めることはできない。

 

2.コメント

商品役務の類否に関して、類似群コードが同一であれば類似の商品役務と推定されており、一般的にその推定を覆すことは困難である。知識の教授の役務は、たとえ全く異なる分野の知識であっても、あらゆる分野のものに41A01の類似群コードが付され、類似と推定される。このため、類似範囲が広すぎるという懸念がある。本件は、このような問題を打ち破った点で価値がある。個人的には、このようなケースがもっと増えてほしい。特に、9類及び42類のソフトウェアについて強く願う。

 

 

英語版は以下をご覧ください。

Appeal No.2016-17962

  1. Summary

The similarity of services is a main point of this case. The Examiner judged as follows. The services of these marks clearly differ in contents of knowledge, and each of them is provided by their respective specialists. Therefore, as there are differences in features, providers and consumers between these services, they are not related to each other and hence should be dissimilar.

 

  1. My comments

Under Japanese practice, the similarity of goods or services is predetermined and is hardly reversed. Teaching services in any filed is predetermined to be similar to one another despite completely different field, so the scope of protection is sometimes too broad. This case is valuable in terms of being a breakthrough against this problem. I hope that such a case will increase especially in the field of software.   

 

CONTACTお問い合わせ

<お気軽にお問い合わせください>

03-6773-9040

<お問合せ対応時間>10:00~17:00 定休日/土日祝日
※事前にご連絡いただければ、上記時間外も対応可能です。