Vol.7 (ピタバ) | 事例研究 | brandesign-ブランデザイン-|商標と意匠専門の弁理士事務所

INFORMATION情報発信

2018.09.18

Vol.7 (ピタバ)

平成26年(ワ)768号 侵害訴訟 東京地裁判決

平成26年(ワ)768号 侵害訴訟 東京地裁判決

 

1.結論

侵害でない(民法1条3項該当)

 

2.概要

登録商標の不使用に基づいて、差止請求が権利の濫用と判断された。原告は、不使用は侵害訴訟で争われるべきでなく、不使用取消審判で争われるべきと主張したが、その主張は認められなかった。

3.コメント
一般的に、登録商標が使用か不使用かは不使用取消審判でのみ争われるべきとされている。このため、本件以前に、不使用の事実のみが商標権行使を否定したケースはなかった。したがって、本件は画期的なものである。

 

 

英語版は以下をご覧ください。

 

H26(WA)No.768   Infringement suit judged in Tokyo District Court

 

  1. Summary

The request for injunction was judged as an abuse of the trademark right based on the fact of non use of the registered mark. Although the plaintiff asserted that the non use should not be disputed in a infringement suit but a non-use cancellation trial, the assertion was not accepted.  

 

  1. My comments

In general, use or non use of a registered mark should be disputed only in a non-use cancellation trial. Actually, until the subject case, there had been no cases that just the fact of non use enables enforcement of a trademark right to be denied. Therefore, the subject decision is groundbreaking.

 

CONTACTお問い合わせ

<お気軽にお問い合わせください>

03-6773-9040

<お問合せ対応時間>10:00~17:00 定休日/土日祝日
※事前にご連絡いただければ、上記時間外も対応可能です。