Vol.3(医の心) | 事例研究 | brandesign-ブランデザイン-|商標と意匠専門の弁理士事務所

INFORMATION情報発信

2018.08.19

Vol.3(医の心)

平成28年(ワ)第28591号 侵害訴訟

 東京地裁

 

関連条文:商26条1項6号

 

 

1.概要

登録商標の使用例及び被告の役務内容を考慮の上、商標的使用でないと判断され、商標権侵害でないとされた。具体的には、以下の認定に基づき商標的使用でない旨の判断が
なされた。
・「医の心」は、文言から医師の心得の意味が自然に理解でき、かつ、従前から医療関係の書籍や番組等で頻繁に用いられており、医師ないし医療の心得を意味する
・「医心」は「医の心」の短縮語と解され、医術の心得の意味で一般に使用されている
・被告の提供する役務が、医学部受験のための知識ではなく、医師としての心構えや素養を養うことを目的としたカリキュラムを提供している

 

2.コメント

裁判所は、「医の心」の文言及び使用例から特定の意味を有すると認定したが、使用例はわずか5つであった。このうち2つは出願から25年以上前であったことを裁判所は、わざわざ記載しており、かつ、「従前から…頻繁に用いられており」と述べている。また、使用例のうちの1つ『心臓外科の権威とされる医師による「医の心」という書物によること』も強調されている。これらのことから、裁判所は、現在のみならず昔からの使用や権威のある書籍による使用を強く考慮していることが伺える。「医心」に関しては、広辞苑に掲載されているだけで一般的に用いられていると認定しているように見える。

判決文からは、原告は、「使用例が少ない」とか「一般的でない」といった主張をしていないように見受けられるが、主張していれば結論が変わったのか気になるところだ。

いずれにしても、本件は、「医の心」及び「医心」の本来的識別力まで否定されている事案ではなく、被告の役務の内容が登録商標の上記認定された意味と合致していたことが、識別標識(商標)として使用されていないとの判断に大きく影響したものと思われる。当該役務が医学部受験のための知識の向上を目的としていた場合、結論が変わったかもしれない。したがって、仮に本件登録商標の本来的識別力が争われた場合、“識別力あり”という判断も充分あり得るであろう。いいかえれば、必ずしも特定の意味を生ずるとはいえず登録適格を有する商標であるとしても、使い方によって識別機能がなくなることもあるということだ。

 

 

英語版は以下をご覧ください。

H28(WA)No.28591   Infringement suit judged in Tokyo District Court

  1. Summary

Based on the use of the same mark to the registered mark by third parties and the contents of the service of the defendant, the court judged that the defendant does not infringe the trademark right because the use should not be used as a trademark use. Specifically, this judgment was done based on the following finding of the fact.   

 

-The meaning of “things doctors should know” can be naturally understood from the word “医の心” itself and the word has been frequently used as the above meaning or “things people should know regarding medical care” in books or programs in the field of medical care

– The word “医心” can be interpreted as an abbreviation of the word “医の心” and is generally used as the meaning “things people should know regarding medical technique”

-The defendant does not provide the knowledge for passing the examination of medical department at colleges, but provides curriculums for training stance or mental attitude as a doctor

 

  1. My comments

Although the Judge found that the word “医の心” has a certain meaning based on the word itself and the use of the word by third parties, the number of the use examples is only five. The court indicated that two of these were made more than 25 years ago and this period was emphasized. In addition, the fact that the one of the use examples was found in the book written by a doctor which was considered as an authority on cardiac surgery was also emphasized. Therefore, it seems that the court considers use in the past as well as current use or use in authoritative books as being important. As for “医心”, the Judge seems to have deemed this word to be generally used simply based on the fact that the word is in Kojien, which is an authoritative dictionary in Japan.

 

According to the decision, the plaintiff did not assert that the use examples are a few or “医心” is not generally used. I am curious about whether the conclusion would have changed if such assertions had been made.

 

In any case, the court did not deny the inherent distinctiveness of “医の心” and “医心”, and we believe the fact that the contents of the defendant’s service corresponded to the above-indicated meaning strongly affected the judgment regarding non-trademark use. If the service had been for the purpose of improving the knowledge for passing the examination of medical department at colleges, the result may have changed. Hence, if the inherent distinctiveness of the subject registered mark had been disputed, there would have been possibility of the distinctiveness being admitted.

 

In other words, even if a trademark should be registered because it does not necessarily have a certain meaning, the trademark can have no function to distinguish one from another, depending on how the trademark is used.

 

CONTACTお問い合わせ

<お気軽にお問い合わせください>

03-6773-9040

<お問合せ対応時間>10:00~17:00 定休日/土日祝日
※事前にご連絡いただければ、上記時間外も対応可能です。