Vol.4(ベジピザ) | 事例研究 | brandesign-ブランデザイン-|商標と意匠専門の弁理士事務所

INFORMATION情報発信

2018.08.26

Vol.4(ベジピザ)

不服2017-12405

本件商標
ベジピザ

第30類「ピザソース」

 

関連条文:商3条1項3号

 

1.概要

識別力のなさそうな語(ベジタブルピザ)の略称で複数使用例のある商標について、識別力が肯定された。理由は以下のとおりである。生地の上に野菜をのせたピザや、野菜を生地に仕立てたようなピザを「ベジピザ」と称することがあることはうかがえるものの、「ベジピザ」が、特定の種類のピザの表示として広く一般に使用されているとまではいい難い。また、「ピザソース」の業界において、ピザの種類に応じたピザ専用のソースが一般に製造、販売されている事実も見いだせない。

 

2.コメント

「ベジピザ」が『野菜を使用したピザ』を表す商品名やレシピ名として使用されている実情に基づき、審査段階では識別力が否定されたが、不服審判では真逆の評価となった。審決において、使用例の数や使用態様は明示されていない。筆者が調べたところ、2018年8月26日時点で、10件以上の使用例が個人や企業のウェブサイトや料理投稿サイト等において発見された。当該使用例の数及び「ベジ」及び「ピザ」の言葉の性質を考慮すると、商品が「ピザ」であれば、識別力が否定されたと思われる。「ベジピザ」は、「ピザソース」について、「ピザ」と比較すると間接的だと理解できるが、間接的である理由が明文化されている点で、本件は実務上役立つ事例である。なお、異議2014-900084における「トマたま」の事案と比較すると興味深い。

 

 

英語版は以下をご覧ください。

 

Appeal No. 2017-12405

Subject mark

ベジピザ  (This is a transliteration of “vege pizza”)

 

Class 30

pizza sauce

 

  1. Summary

The abbreviation of a word (vegitable pizza) which seems to lack distinctiveness and is used by third parties was judged to be distintive. The reasons are indicated as follows.

Although it seems that the the pizza on which vegitables are put and the pizza of which the vegitables are used as pizza dough are called “vegi pizza”, it is difficult to say that “vegi pizza” is extensively generally used as the indicator of a certain type of pizza. In addition, there is no fact that a pizza sauce adapted for a certain type of pizza is generally manufactured or sold in the field of piza sauce.

 

 

2. My comments

Based on the circumstances where “vegi pizza” is used to indicate “pizza using vegitables” as its goods or recipe name, the distinctiveness was denied at the examination stage, but the contrary assessment was indicated in this Appeal.

The number of use examples and the way of use are not shown in the decision. According to my internet search, there are more than ten use examples by third parties in cooking posting sites and other websites of individuals or companies as of August 26, 2018. Considering this number of the use and the natures of “vegi” and “pizza”, I believe that the distinctiveness would have been denied if the goods had been “pizza”.

The word “vegi pizza” can be understood as the indirect or suggestive indication of the goods features, and the reason why the mark is indirect or suggestive is clearly indicated. In terms of this point, this case is useful in practice.

Comparing the case “トマたま” of Opposition No. 2014-900084 with this case is intersting.

 

CONTACTお問い合わせ

<お気軽にお問い合わせください>

03-6773-9040

<お問合せ対応時間>10:00~17:00 定休日/土日祝日
※事前にご連絡いただければ、上記時間外も対応可能です。